2019 TRADITIONAL is INTERNATIONAL COLLECTION

MATAWARE NOW! 日本古来のスタンダード

2019 TRADITIONAL is INTERNATIONAL COLLECTION

MATAWARE NOW! 日本古来のスタンダード

STORY

マタワレは折り紙を折るように、四角と三角の生地を非常に興味深い角度で、素晴らしい塩梅に折り畳まれ、縫われて形作られています。
これは量産に合わせて作られている表と裏だけの二面構造と、根本的に異なります。面を立体的に縫い合わせる事により、立体的で多面的で、多用途、たくさんの目的を達成してくれるゴールデンバランスに計算された構造を有しています。

マタワレはバックリと股が完全に開いている為、通気がよく蒸れにくく、開脚に制限が無いため大工や農家、足軽や祭り囃子で大暴れしても突っ張らない仕組みになっています。
(ただし酔っぱらったりして股を全く気にしていないと、本当にぽろりしてしまう場合もありますのでご注意を!)
マタワレを履く感覚は自身の身だしなみに気を使う、着物やじんべえ等を着る感覚というと分かり易いかもしれません。

古来の知恵で使わなくなったマタワレを分解し、生地として後世に残し易くする為に、四角と三角のシンプルな形で構成してあります。

今回は立体多面的構造をそのままに、ポケットの仕様をつけ、ふくらはぎ部分をまくり上げられるくらいのストレートな形に仕上げました。

腰で紐を縛って履く形です。着用の際、動き回ると腰部分がずれる場合があります。着物を着る様に、都度身だしなみを整える感覚で直してください。

股の部分がどうしても突っ張ってしまうという感覚があるという方。
そんな方に、ストレスからの解放をお楽しみ頂き、日本の叡智の素晴らしさを共感して頂けたら幸いです。

INFORMATION

希望小売価格 ¥10,800

MOS GREEN
S,M,L,XL 【販売可能】
BEIGE
S,M,L,XL 【販売可能】
BROWN
S,M,L,XL 【販売可能】

股が完全に突っ張らない感覚

股がぱっくりと割れている。ちょっとアヴァンギャルドで、どこか懐かしい形。

敗戦後日本に入って来た石油文化と、大量生産文化。これにより野良着も量産される様になり、
多面的な構造だった野良着は、前後ろの2面構造により量産し易い別の形になっていきました。その代わりに古来より受け継いで来た精神性をもしかしたら失ってしまったのかもしれません。

今回制作した"MATAWARE NOW"は、戦前の構造そのままに、折り紙のように立体構造で作られています。古の知恵を今の生地と生活スタイルに馴染む様にリメイク。

はじめは慣れない形で手間取るかもしれませんが、すぐに古の記憶が蘇ってくるはず。

※トイレの際は股が開いているので簡単に用を足せます。
※フンドシとの相性が抜群です。最後のモデル写真は前からポケふんを出して履いています。
※時々紐を縛り直す事で形が美しく履けます。股部の重なりに手を入れて生地を奇麗に広げる様にして履くと股がもたつかずに履けます。

2019 TRADITIONAL is INTERNATIONAL COLLECTION

Back to Collection