BLOG ブログ

  • HOME
  • BLOG
  • REALL 藍染めで型染めする為の準備、糊置き②
REALL 藍染めで型染めする為の準備、糊置き②
REALL製作所

2018.04.20 REALL 藍染めで型染めする為の準備、糊置き②

Pocket
LINEで送る

 今回はREALL藍染め製品の型染めの版のことを書きます。

本藍建てに挑戦中ですが、4月末現在温度が低く、本藍での藍建ては出来ていません。

が、藍染めの青に会いたい!!ということで、例年通り市販の天然インド藍濃縮還元液による

藍染めを行っています。

付属の化学薬品はなるべく使わず、自家製の灰汁に藍を還元させます。

そして染める前の下準備、作品に模様を出す為の道具がこちら。

 

 

型染めの[版]です。

伊勢型紙の技法と同じだと思いますが、木枠をタッカーでくみ、編みをはり、

専用の柿渋紙をカッターで模様に切り抜き、 貼付けてあります。

糊を置くと、、、

凹凸が美しい〜糊の付いた部分を色がしみ込みません。

今回は長めに染めた為、柄がうっすら見える感じになりました。

この糊の水分量、刷り方、する繊維の種類、乾かし方、染め時間などで柄の出方が

大きく左右されます。神経使う決めどころ。

WACCA用!

織り紙絞りも染めてみました。

これがREALLの日本製ブランド、[幡豆野良]商品として郡上で縫われ、

ふんどしやズキンキャップなどなどになっていきます。

藍のちからはすごいです。

着ていると心落ち着き、ウイルスや虫さされ、肌の疾患などにも効果があります。

色の持つ力も魅力的ですが、身体にまとう事で藍の菌や成分を服用し、

健康を維持する為に効果を発揮してくれる事が最大の魅力だと思います。

日本の愛した伝統文化である藍染めをより深く理解して行きたいと思う今日この頃。

REALL 藍のTシャツやアイテムが店頭に並び始めます。

ぜひご覧になりにいらして下さい。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

一覧にもどる